がんばろう!岩手のスポーツ

岩手スポーツ応援団長を勝手に名乗る平藤淳の個人的なブログです

国民体育大会岩手県選手の途中経過/とちぎ国体会期前実施競技を終えて

9月10日から19日まで、
第77回国民体育大会(いちご一会とちぎ国体)の会期前実施競技が行われ、
10月1日の総合開会式の前に、
水泳、体操、バレーボール(ビーチバレーのみ)、弓道の4競技が終了しました。

岩手県選手の成績はどうだったの…と聞かれますので、
途中経過をお知らせします。
とはいえ、
まだ冬季3競技と会期前4競技の7競技が終わっただけなので、全体的なお話はできません。
そこで、
競技ごとに、
獲得した競技得点(8位以内に入るともらえる、「勝ち点」のようなもの)が、3年前の得点に比べてどうか…ということを調べてみました。

これまでに終了した競技(数字が入っています)、そして東北予選を通過できずに国体に出られない競技(不出場)、さらに、今年の国体では実施されない競技(非実施)の競技得点と、74回大会との差は、
マイナス49点。

ちなみに、
74回大会の男女総合(天皇杯)順位・31位は、
宮城県の28位に次いで、東北2番目でした。
岩手県選手団の今年の目標は「東北一位」ですので、このままでは…

さあ、がんばりましょうね!

***

気になったので、会期前競技の「棄権者」を調べてみました。

棄権者は、必ずしも感染症が原因とは限りませんが、その要素が大きいように感じています。
今年の国体は、
現地入り5日以内のPCR検査が陰性であり、さらに、現地入り当日の抗原検査が陰性である人のみしか参加できませんので、
現地での感染と感染拡大があったとみることが妥当かと思われます。

棄権者のほとんどが、中学3年生~高校生年代の「少年」です。
現地での過ごし方に気を配らないと、せっかくこれまでの練習の成果を発揮することなく大会を終えねばなりません。

自分のため、チームメイトのため、そして、会場地の方々のために、十分すぎるほどの注意が必要なのです。

ちなみに、
岩手には棄権者はいませんでしたが、油断は禁物です。

二つの大切な風景/国民体育大会の飛込み会場で

今日はプールに行ってきました。
岩手の選手は、出場していないのですが、国民体育大会の飛込競技の最終日。
成年女子の板飛び込みと、成年男子の高飛び込みです。

動画が「国体チャンネル」というところにあります。見たことがない…という人が大多数だと思いますので、どうぞ、競技の様子をご覧ください。
(今日の競技は、この下線部をタップしたところにあります)
注:と書きましたが、9/15 19:30 では、まだアーカイブが公開されていませんでした。ほかの種別や種目は公開されていすのでそれをご覧になるか、後ほどご覧くださいませ。

試合が終わると、観客は一斉に動き出します。
会場の屋内プールは、冷房は効いていますが、何しろ湿気がすごい。
ちょっと外にでて体調を整えたり、午後の男子に備えて、観客の休憩所で腹ごしらえをしたりするのです。
ぼーっとしているうちに、私は、出遅れてしまい、しばらく座っていることにしました。

そのおかげで、
おもしろい、そして大切な風景を、二つ、見ることができたのです。

■選手たちの向上心

試合が終わるや否や、選手たちがまた出てきたのです。
でも、全員ではないようでした。
(ははぁ、クーリングダウンだな)
とみていましたが、どうやらそうではないようです。

みんながやっているのは、さっきの試合と同じ技のように私には見えました。
本番演技…だったのです。
そして、
ああでもないこうでもないと、プールサイドや板の上で、腕を動かしたり、体をひねったり、足を上げてみたりしてるのです。

きっと、
さっき、できなかったり不十分だったりした部分を、もう一度やり直しているのだろうと、私には勝手に決めました。

素晴らしい向上心、
終わりが始まり、
この先も、応援したくなったのです。

■係員の責任感

観客だけではありません。
係員も一斉にいなくなります。
でも、
二人だけ、動かない人がいたのです。

さっきの写真の右上に、黄色いシャツを着た人が座っていますよね。
その左の床にはオレンジ色のものが。
映ってはいませんが、
こちら側のプールサイドにも、同じスタイルの人が座っていて、合わせて二人です。

ライフセーバーです。選手に何かあったときに助ける係の人たちです。
オレンジ色のものは、救助用の「浮き」。
ライフセーバーの右の椅子には、試合中は係の人が、びっしりと座っていました。
でも、
選手が練習を始めた時には、だれもいなくなっています。

アーティスティックスイミングの時も、この人たちは居ました。
試合前のだれもいないプールに最初にやってきて、交代しながらですが、ずっと座っていました。
飛込みの時は、試合が終わっても、選手が水に入っている、入ろうとしている間はプールを去りませんでした。

素晴らしい責任感です。
尊敬します。

***

たぶん、国体チャンネルには映っていないことだと思います。
映像は、競技をとても見やすく伝えてくれます。
でも、
映像をつくった人が見せたい場面しか流れてはいません。
自分で見ると、
ネット中継では見えてこない様々なことに気づくのです。

競技会を生で見るという、ありがたい機会を与えていただいています。
これからも
皆さんが、ますますスポーツを楽しんでいただけるように
「気づかれていないファインプレー」を、お伝えしてゆきます!

宇都宮の平信/順番待ちの反省

とちぎ国体岩手県選手団本部は、今日から人数が少なくなりました。
ということで、今日は路線バス移動です。

運動公園からの帰り、バス停に向かうと、

ちょうどバスが発車したところが見えました…
(ああ、残念)
時刻表を見ると、次のバスは20分後。
(しかたない、本でも読んで待っているか)

よく見ると、椅子が折り畳まれたベンチがあります。
(写真:右下。手前の椅子に私のカバンを挟まれています)

座って待つのは快適です。

しばらくすると男性が、そのあと女性がバス停にやってきました。
私の隣の椅子が空いていますが、私が怪しかったのでしょうか、お二人とも立って待っています。

夢中で本を読んでいると、バスがやってきました。
私が立ち上がりましたが、
先に来ていた私のことはお構いなしに、初めに男性、次に女性がバスに乗り込みました。
一番先に来ていた私が最後。
(なんだよ、失礼な二人だ!)

***

ホテルに戻ると、部屋の電話が鳴りました。
クリーニングができてきたので、ついでの時にフロントに取りに来てほしいとのことです。
すぐに取りに行きましたが、前のお客さんが用事を終えたようで、タイミングよく窓口が空きました。

クリーニングの伝票を渡そうと窓口の前に立つと
フロントの方が
(すみません、先にお待ちのお客様がいらっしゃいますので)と
ソファーの方に目をやりました。

確かに、ソファーにお一人、男性が座っていました。

私は、その人が待っていたとは気づかなかったのです。
ホテルの方が教えてくださらなければ、
私が(失礼な)と思った、バスの二人と同じ行動をとるところでした。
いや、もうそうしてしまっていたのです。

男性に謝りました。

座っている人は並んではいないので、順番を待っているようには見えないのですが、状況を見れば、そうかそうでないかわかるはずです。

きをつけますよ!きをつけましょうね。

三年ぶりは三年分/とちぎ国体会場ののぼり旗

第77回国民体育大会(愛称:いちご一会とちぎ国体)の会期前開催競技(総合開会式前に、施設や気象、他競技会との関係から行われる競技)の岩手県選手団本部として、栃木県に来ています。
暑いし湿気が多いし、ふうふう言っています。

さて、
宇都宮市の弓道会場に行ったとき、国体にはつきものの「歓迎のぼり旗」がありました。
あれば、岩手のものを探すのが常です。
ありました、ありました。
はい、ご覧ください。

(おお、わんこ兄弟!がんばって描いてくれたね。岩手県選手団もがんばるよ!)と心の中で呟きながらじっくり見ると、違和感が。

お気づきになりましたか?
えっ⁉
国体会場なのに観覧車が映っている、さぼって遊園地に行ったな…あ、そうじゃありません。この運動公園には遊園地があるのです。ジェットコースターもありますよ。

違和感があったのは国体の愛称と、開催地名です。
「いちご一会とちぎ国体」の会場の「宇都宮市」に
「三重とこわか国体」の愛称がついた三重県「名張市」の小学生がつくったのぼり旗があるのです。

はたして、こういう看板がありました。
こうあります。

新型コロナウイルス感染症の影響で
開催が延期・中止となってしまった先催市から
都道府県応援のぼり旗合計235枚が
熱い想いとともに宇都宮市に引き継がれました!

そうか、三年ぶりの開催は、三年分の開催なんだな。
いつにもまして、大切にしないといけない大会なんだね。

私たち岩手県選手団は、
栃木の人だけじゃなく、
鹿児島の人、三重の人にも、三年分の力をお見せしなくてはいけない大会なんだ…

がんばりますよ、さあ、がんばりましょうね!

女性35-39 と 男性50-54 には10倍の開き/日本スポーツマスターズ水泳競技のエントリー数

日本スポーツマスターズ2022岩手大会の水泳競技が、9月3・4日に、他の競技に先だち、岩手県盛岡市で行われました。

3日の結果を見ると、女子2部(35-39歳)100m自由形の優勝者は、岩手県の村田奈々さんでした。
村田さんは、車いすで生活をなさっているいわゆる「パラスイマー」、素晴らしいことことです。

記録を調べてみると、
村田さんが出場した「女子2部(35-39歳)100m自由形」の出場者は、一人だけでした。
(私は「出場者一人」の価値は高いと考えていて、そのことは後ほど記事にしてお伝えしご意見をいただこうと思っています。)
それを見て、とても気になったので、
参加者の年齢分布について調べてみました。

この大会では
男女別に、そして9区分の年齢別に分かれて、競技が行われます。
個人種目は、
自由形・平泳ぎ・バタフライ・背泳ぎが50mと100mの2距離と200m個人メドレーの、
男女各9種目があります。

それぞれの種目のエントリー者を拾い、年齢の区分でまとめると、次のようになりました。

こういうことが見てとれます。
■どの年齢区分も、女性より男性のエントリー数が多い
■もっとも少ないエントリー区分は「女性35-39」の13。1種目平均1.4人。
■もっとも多いエントリー区分は「男性50-54」の127。1種目平均14.1人。

***

なんだか見たことがあるのです。
これでした。

岩手県スポーツ推進計画(2019年度~2023年度)改訂版[→ LINK ]

◆本県でも、市町村を通じて「県民のスポーツ実施状況に関する調査」を実施
◆2018年度の成人の週1回以上のスポーツ実施率は、61.7%
◆男女別(合計)では、2014年度には男性の実施率が女性の実施率を9.3ポイント上回っていましたが、その差は縮小傾向にあり、2018年度には0.5ポイントまで縮小
◆世代別にみると、男女ともに20代、30代、40代と徐々に実施率が低下し、40代が底。
◆概ね、スポーツ庁調査と県調査は同様の傾向で、60代以上の高齢者に比べて20代から40代の働く世代の実施率が低い傾向にあり、働く世代の運動習慣の確立が必要

***

スポーツ実施率は「勤労世代」が課題ですし、
マスターズの参加状況は「勤労・子育て世代の女性」が課題です。
スポーツに親しむ機会、その成果を発揮する機会…という両面で30代女性には障害となるものがあるようです。

これは、ずっと前からいわれていることですが、なかなか改善されません。
次の計画では、具体的なことが書かれ、行われなければいけません。

がんばりますよ、がんばりましょうね!

通過する人へのおもてなし/蛇口から桃ジュース

東北自動車道の「国見サービスエリア下り線」には、「蛇口から桃ジュース」という楽しい飲みものがあるらしいのです。
昨日届いた、こういうメールで知りました。

■国見サービスエリアは、福島県と宮城県の境にある
■今年の国体は、南隣の栃木県で開催され、隣県として応援している
■しかし、栃木の土産物はおいていなくて、帰り道によるであろう岩手県の選手の皆さんをがっかりさせてしまうかもしれない
■そこで
『熱く激しい戦いをしてこられた選手様及び大会関係者様の皆様に労いの気持ちを込めまして
 
当エリアにて食事をされた方にエリアの看板である「蛇口から桃ジュース」を無料で体験していただきたくご案内申し上げます』
■食事をした時にスタッフに声をかけてもらえれば「無料券」を差しあげる
■選手団の皆さんにも伝えてほしい

きっと、青森県にも秋田県にも、同じことを知らせているのだと思います。
素晴らしい「おもてなし」です。

***

振り返れば、
通過する人を、心を込めてもてなす…ということを、私は、していません。
通過する人は、ちょっといて、すぐに離れてゆく人ですから、基本的には「よその人」と捉えしまっています。

そして、
交流人口よりも定住人口が尊い、
時々スポーツに来る「にわかファン」よりも、ずっと同じところで一つのスポーツに取り組んでいる人が立派だ、
冷やかしや出来心でグラウンドに近づくんじゃない、覚悟してくるところだよここは…というようなものの見方に、私は、支配されているのだと気がつきました。

でも、
サービスエリアの方々は、何県の選手だろうと、どこに住んいる人だろうと、スポーツを一生懸命にやっていて、国体で力いっぱい競技してきた人たちに敬意を表し、もてなしてあげようと考えているに違いありません。
私では考えつかないことです。
改めます。

***

途中参加・途中退場大歓迎!出入り自由…という考え方で物ごとに望まないと、すたれてゆく気がします。
気をつけます。

***

今年の国民体育大会の本大会は、栃木県。
年明けの
スケート・アイスホッケー競技会は、青森県八戸市、
スキー競技会は、岩手県八幡平市。

今度は、
国見インター上り線で「蛇口から桃ジュース」作戦があるかもしれませんね。
さて、
私たちは、どんなしつらえで、通る人、来る人をもてなしましょうか。

 

具体と抽象/昨日の研修会から

昨日は、午後いっぱい、研修会に出ていました。
1時から5時まで、4コマの講義です。

その中に「岩手県の少年非行の状況について」というものがありました。
■刑法犯少年は、減少傾向が続き、令和3年は戦後最少を更新している
■ただ、被害者となる少年は、減っていない

 ↑令和3年中岩手県内少年非行統計、岩手県警察、原本はこの下線部

刑法犯少年が、最多だったのは、昭和58(1983)年の、3,317人とのことでしたので、その減り方には目を見張るものがあります。

ちなみに、
昭和58年の国民体育大会(群馬県)と、令和2年(茨城県)の岩手県選手団の総合成績を比べると、
男女総合成績 25位→31位
女子総合成績 28位→31位
と、低下傾向にあります。うっ!?と思うのでした。

***

お話によると、
刑法犯少年の数を下げるためには、
「再犯者率の抑止」が中心となる…とのことでした。
そして、
そのためには「背景を知る」「背景に対応できるように個別指導を行う」という具体的なことが行われているとのことでした。

私は、
(みんなが犯罪を行わないように、啓蒙、パトロール、だろうな)
と、的を絞っていない対策しか思い浮かばなかったのです。

もしかすると、
警察の「具体」と、スポーツの「抽象」、
これが
減少する少年犯罪と、下降する国民体育大会順位の、要因になっているのかもしれません。

しっかりしないといけないのです。

さあ。がんばりますよ、がんばりましょうね…あ、またまた抽象(汗)