がんばろう!岩手のスポーツ

岩手スポーツ応援団長を勝手に名乗る平藤淳の個人的なブログです

大切にされている人/錦秋湖での妄想

今日は、ドライブ。

西和賀町の錦秋湖沿いにある、ネビラキカフェでお昼ごはんを…という計画で、車を走らせます。
湖がよく見えるテラス席でいただくお昼ご飯の、美味しいこと、美味しいこと。

ぼぉっとしながら、湖面を見ていると、
たぶん
西和賀高校のボート部の生徒が、練習しています。
舵手のいない2人乗りの艇、舵手のいる4人乗り(全部で5人乗っています)の艇、そして、指導者が乗った救助艇を兼ねたモーターボートの3艇が、スイスイとすすんでいまました。

(がんばっているな、みんな)

しばらくすると、
なんだか様子の違う船がやってきました。
漕ぐ人が3人と舵をとる人が1人乗っている艇です。
普通は漕ぐ人が3人の艇はありません。

(いったい、なんだろう)

ボート練習風景の2枚の写真の組写真。上:新入生艇、下:すれ違う上級生艇と新入生艇

上:漕ぐ人3人と舵手1人が乗っている艇、下:2艇のすれ違い

注意してみると、3人漕ぎ艇には、帽子も着ているものもすべて同じ人が乗っています。
そして、
急がずゆったりと、大きく正確に漕いでいるように、私には見えましたので、
この4月にボートを始めた、新入生の艇だ…と、勝手に決めたのです。

この艇には、漕ぐ人が4人と舵手が1人乗って競技をします。
湖にでているもう一艇の同じ形の艇は、人数が揃っていて、スピードやリズムの変化をつけ練習していました。
きっと、こちらは上級生艇。6月の大会を目指しての練習でしょう。

部員も少ないのだろうと思いました。
だって、
4人漕ぎに3人しか漕ぐ人が乗っていないのですから。
でも、
3人でも、漕がせてもらっているのです。

大切に育ててくれているんだなぁ、
この3人が、
ともだちを連れてきて4人漕ぎになったり、
1人乗りや2人乗りに移ってゆくんだろうな。
そのために、基本的なことを丁寧に教えてもらっているんだろうな…と、勝手に妄想していました。

しばらくすると、
上級生艇が右から、新入生艇が左から進んできて、そのままではぶつかりそうに、私には見えました。

どうなるんだろう…と、見ていると、
上級生艇が、右にコースを変えて、新入生艇にコースを譲ったのです。
きっと、
舵取りの人が(新入生艇が来たから、大きく右によけて進路を譲るよ!)と指示したに違いありません。
ああ、なんと優しい。

初心者、技術の低い者が、指導者から丁寧に教えてもらい、上級生から優しくしてもらっている…素敵なチームだな、と、思ったのです。
こういうチーム活動を経験したら、他の人の力を高めてあげようと考え、でも、できない人も認めてあげるような、素敵なひとに育つんだろうな、羨ましいなあ…と感じたのです。

全部、妄想、誤解かも知れませんが、スポーツにはこういう力があるはずだと思っているから見る妄想。
お許しくださいませ。

※※※

帰りの高速道路で、ボート部員と正反対の走り方をしている自分に気づきました。
修行が足りないのであります。

書店で気づくスポーツの貧しさ

岩手県を中心に、隔月で刊行されている、岩手スポーツマガジン「スタンダード」という雑誌があります。
最新号の、2024年5・6月号が4月25日に発売されました。

この雑誌には、連載記事がいくつかあります。
入れ替わりが結構ありますが、
比較的、長く続いているものに
「スポーツを読む!」という「コラボコーナー スタンダード×さわや書店」をサブタイトルにしたものがあります。
タイトルの下には

絵や文字もあなたに
スポーツ体験を与えてくれます。
今回も「さわや書店フェザン店」の
竹内敦さんに、
この時期おすすめのスポーツ書籍を
紹介してもらいました。

と記事の趣旨が書かれています。

***

発売日に、盛岡駅に行く用事があったので、
駅ビルにあるフェザンのさわや書店によりました。
スタンダードの
立ち読みをしようと思ったのです。

今号で紹介されている本は

雑誌スタンダード岩手のコラム「スポーツを読む!」のページの上に乗せた、小説「カラフル」

・三苫薫「VISION 夢をかなえる逆算思考」双葉社
・阿部暁子「カラフル」集英社
でした。

阿部暁子さんは岩手県出身で「パラ・スター」という、車いすバスケットボールや車いすに関する小説を書いた方です。
そして、記事を読むと、「カラフル」は、車いすユーザーの女子高校生と、元陸上競技選手の男子高校生を中心とした物語のようです。

(買おう!)と店の中に入り、
(探せなかったりするからな…小説の棚かなぁ)と進んでゆくと
入ってすぐの一丁目一番地の棚に平積みになっているではありませんか。

ペラペラめくってみて、即買いです。

***

さすがだと思います。
雑誌で紹介した本を、
目につきやすく手に取りやすい場所に置いておくのです。

いい本を紹介して、それが買えるようにしています。

私もこの雑誌に2本、コラムを書いていますが、
書いたことが、実体や具体性を持っていません。
(読んだ人が行動を起こしますように)という願いを込めて書いているつもりですが、
単なる、絵空事…なのかもしれません。

***

本屋さんには、いつでも、本があります。
図書館では、いつでも、本を貸してくれます。
映画館では、いつでも、映画をしています。
美術館には、いつでも、絵の常設展示が行われています。

スポーツ施設に行けば、
いつでも、スポーツを見ることができるでしょうか。
いつでも、スポーツをすることができるでしょうか。

そういう意味で、
スポーツは本より貧しいのです。

さあ、がんばりますよ、がんばりましょうね。

 

291m!やさしいなあ、くやしいなあ

スキージャンプの小林陵侑選手が、エナジードリンクメーカーのレッドブル社のイベントで、スキージャンプ世界最長となる291mを飛んだ…というニュースが流れています。

291mは快挙!

小林陵侑さんは
岩手県八幡平市出身で、松尾中学校(八幡平市)→盛岡中央高校(盛岡市)と進み、現在、TEAM ROY というチームを運営しながらプロジャンプ選手として活躍している岩手アスリート。
なお、
岩手県のスポーツタレント発掘・育成事業「いわてスーパーキッズ」の修了生で、
全国のタレント発掘事業修了者の中で、初めてオリンピックで金メダルを獲ったアスリートです(なんと、愛媛県のタレント発掘事業に関連記事が→ ここをタップ )

291mについては
国際スキー・スノーボード連盟(FIS)も、公式サイトで記事にしています。

ほんとうに、おめでとうございます。

***

感じたことが二つ。

■FISはやさしい

この小林陵侑さんの291mについて、多くの報道機関は、共同通信のニュースを引用してこう結んでいます。

国際スキー・スノーボード連盟(FIS)は、特設台が正式な認定を受けいていないことなど、小林陵の飛躍が競技規則に沿っていないとして、世界記録とは認めていない

FISは、ずいぶん冷たいものだな…と感じますよね。
どういうことだろうと、
先ほどリンクしておいたFISの記事を読んでみると、
さまざまな規格(レギュレーション)に適合していないため「世界記録」とは認めないという記述がありましたが、
結びに、こうありました。

FIS hopes that the necessary precautions have been taken to ensure the safety of the athlete
and
FIS is excited to see Ryoyu Kobayashi in the upcoming FIS World Cup season competing for the official FIS world record.

このようなイベントの安全性を危惧しての発言のようです。

ジャンプ台やスキーや服などの用具に関するレギュレーションは、飛びすぎによる危険を避けることが主たる目的となっています。

用具に関するレギュレーションだけではありません。
FISのルールには運営に関するレギュレーションもあり、選手の安全を守るため、そして試合の公平性を守るための事柄が定められ、それを適用して運営・判断する人の資格も定めています。
ソフト面でも選手を、守っているのです。

選手の安全に対する気配りにかけた人が、「世界最長」を狙わせるために、人の能力を超えた大きな大きなジャンプ台を作り、選手の安全を尊重しない、選手に万一のことがあるようなイベントが頻発してはいけない…というスタンスです。

FISは、
単に、他の団体が行ったから記録は認めない…と言ってるのではありません。
根拠あるレギュレーションが守られず、アスリートに万が一のことおきかねないイベントが頻発することを心配して、記録を認めないのだろうと、私は、考えます。

FISは、アスリートに優しいのです。

なお、
今回のレッドブルのイベントは、きちんと準備されたもののようでした。

◆小林のためだけに建設されたジャンプ台は2年間の調査を経て、自然の雪山に2ヶ月以上かけて建設
◆過酷な挑戦に備え、小林は2023年からオーストリアにあるレッドブル・アスリート・パフォーマンス・センターでのトレーニングや、スウェーデンでのウィンドトンネル・トレーニングを行ってきた。
【参照先】

■私はくやしい

レッドブルは、
日本で2024年に、eスポーツ、ダンス、バスケットボール、ランニング、自作飛行機、自動車ラリーを行う計画を持っています。
でも、
岩手がメイン会場となるイベントはありません。
(詳細は→ ここをタップ )

なぜ、私たちは、
Red Bull が採用してくれるような、
岩手で地域の特性を生かしたエキサイティングなイベントを創り出せないのか…悔しいのです。

今行われているイベントを呼んでくることも、それはそれで、大切ですが、
新しいものを考え出したり、自然や人や施設など今あるものどうしを足し算したりして、レッドブルがやれせてくれ!と言うものを提案することが、
岩手には必要だと考えます。
知恵を絞らねば。

【参考】
レッドブルのランニングイベントが5月5日に矢巾町で行われます。
ただし、メイン会場ではありません。

www.wingsforlifeworldrun.com

積極的静寂

バスケットボールB2・岩手ビッグブルズ最終節は、
4月20・21日にホーム・盛岡タカヤアリーナで開催されました。
対戦相手は、青森ワッツ。
その時点で、
B2東地区で7位、東西通算しての「ワイルドカード順位」も下から2番目の7位となり、自動降格下位2チームに入っていました。

でも、応援に行くのです。
21日は用事がありましたので、20日が私の最終戦。
延長戦で1点差での勝利、いいゲームを見せてもらいました。
けが人が続くなか、ここまでよく頑張ってくれたなぁ…という気持ちでいっぱいです。

さて、
バスケットボールのBリーグでは、
相手のフリースローの時に、メガホンをたたいて雑音を出したり、タオルや旗を振って集中させないようにして、フリースローを投げる選手を邪魔することが通例です。

ビッグブルズのフリースローの時に
(おや⁉)と思ったことがあったのです。

フリースロー時の両チームのチアチームの比較。青森ワッツ(左)は腕を腰に当てて直立。岩手ビッグブルズは手をあげたり声を出したりと動いている。

通常は、アウェイチームのチアチームは来ませんが、今節は青森ワッツのチアチーム「ブルーリングス」が来ていました。
彼女たちは、
相手チームのフリースローの時には、直立して一言も発しません。(写真:左)
なお、
岩手ビッグブルズのチアチーム「レッドチャーム」は、手を上げたり下げたり、飛んだり跳ねたり、声をだしたりして、相手のフリースローが簡単に入らないようにしています。(写真:右)

ずっと見ていると、
ゲーム中は、まとまって何かをする時以外にも、ポンポンを動かしたり、からだをリズミカルに動かしたり、声援を送ったりと、ずっと動いているのですが、
フリースローの時だけは、口をつぐんで直立不動になるのです。

ブルーリングス、かっこいい…と思いました。

サッカーJ3・いわてグルージャ盛岡の応援を思い出しました。
グルージャのホームゲームでの応援は、
ゴール裏に集まったサポーターが中心となって行われています。
太鼓や鐘に合わせて、応援フレーズを叫んだり、選手ごとの歌(チャント)を歌ったりと、一試合中、とても賑やかで、これも楽しいのです。

でも、
たぶん1試合に1回、1分ぐらい、「シーン」となる時間が、突然、訪れるのです。
コールリーダーという応援指揮者の人が合図を出して、静寂が訪れているのだろうと思います。
この時、
私は、私の魂が、音のないゴール裏に持っていかれるような気がするのです。

積極的に作り出された動かない時間帯…積極的静寂…心ひかれます。

アンケートの2つのねらい/誘う質問

3月31日に盛岡で行われたコンサートに「先行抽選当選!」で、行って来ました。
楽しかったです。

2週間ほどたった昨日、チケットを買った「ぴあ」からメールが来ました。
「参加公演に関するWebアンケートにご協力のお願い&Amazonギフトカードプレゼント」という題名で、アンケートに答えてくれたらAmazonギフトカードを抽選で贈るよ…というものです。

抽選当たり!に目がない私は、迷うことなく、ただし、安全には気を配りながら、アンケート開始です。

その中に、
「公演の後に行ったことを教えてください」というページがあり
15項目について「コンサート後にしたこと」にチェックを入れるようになっていました。

写真を撮ったり、友達と打ち上げをしたり、写真や動画をSNSにアップしたり、感想を記録したり公開したり…
(うんうん、するだろうね、私はしないけど)…と進んで行くと、

「セットリストどおりのプレイリストを作成した」という項目があったのです。

(うひゃぁ!そんなふうにすれば良いのか!これは楽しそうだ!)

コンサート終了時のステージ風景、セットリスト、アンケートのスクリーンショットの合成写真。

コンサートに行った時には、たいていセットリストの写真を撮ってくるのですが、だいたい、その後は何にも使われずに、そのままになっています。
なるほど、
「槙原 TIME TRAVELING TOUR 2024/03/31」というプレイリストをつくっておけば、
いつでも、コンサートが再現できるのです。

これは素晴らしいコンサート後の楽しみ方だ!と思ったのです。

***

アンケートは、
主催者が、観客の属性や事前・事後の行動を知るというねらいがあります。
そして、
観客に、こんな楽しみ方もあるんですよということを知らせるねらいもあったのです。

これは、本当に大切なこと。
自分を変えるためのアンケートだけでは不十分、
回答者の行動を変えるアンケートも作って行かなければと考えたのでした。

豆腐屋のぷぅ~ぴぃ/ひきつける音と匂い

昨日(4/11)の夕方、街を歩いていると(ぷぅ〜ぴぃ)という音が。
午後5時前に、町内を軽トラックのお豆腐屋さんがこの音を流しながら走っていることを思い出し、交差点や道路を探すものの、軽トラ豆腐屋さんは見当たりません。

道路ではなく、デパートの前に車を停めて店開きをしていたのです。

軽トラックの豆腐屋さん。運転席付近に「とうふ」と書いた黄色いのぼり旗、荷台には商品が並んでいる。

たぶん、
私の年代であれば、誰でも知っている、商売をあらわすサウンドの一つです。

お豆腐屋さんの、とぉーふぅ
ラーメン屋さんの、たらりーらら たらりらりらー
焼き芋屋さんの、ピィーーーーーーー

もはやサウンドロゴ!と思うと同時に気づいたのです。
これ、全部、移動販売の音なのです。
お店を構えている豆腐屋さんや、ラーメン屋さん、焼き芋屋さんは、匂いは出しますが、音を出しません。

なぜだろう。

***

スポーツ、ここでやってますよ!という合図は、なんだろう。

音ではない、匂いでもない。あったとしても、大きなイベントでの「のぼり旗」などの受動的な視覚情報だけ。

全国高校総合体育大会、国民体育大会、日本スポーツマスターズ…いろんな機会があったけど「岩手スポーツテーマソング」や「香水・岩手スポーツの香」などをつくるのを忘れていました。
ああ、失敗。

***

Facebook に焼き芋屋さんの音の入った動画をアップしました。
興味のある方はどうぞ↓
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=pfbid0sGNgYnx1kWLUnWmsMnfv5y1Nen1CdqJXnB4BxbiMLtL5o1BATbt52sYrcNNfScY2l&id=100002058772740

 

岩手スポーツ応援ニュース◆コラム「終わりはあるのだろうか/県立美術館にて」 ほか

◆岩手アスリートの活躍(スキー・自転車・柔道、3/22)

3月22日の岩手アスリート成績
【国際競技会】
◇スキー/ジャンプワールドカップ 男子32戦フライングヒル
 9位■小林陵侑/TEAM ROY/盛岡中央高校卒・八幡平市出身
 22位■小林潤志郎/雪印メグミルク/盛岡中央高校卒・八幡平市出身
◇自転車/パラトラック世界選手権 男子視覚1kmTT(パイロット)
 9位■三浦生誠/日本大学/盛岡農業高校卒・岩手町出身
◇柔道/グランドスラム トビリシ大会男子-66kg級
 2回戦■中野修源/フィリピン連盟/盛岡大学附属高校卒・野田村出身
【詳細は】 
国際競技会での岩手アスリート 
全国大会優勝の岩手アスリート 

◆コラム「終わりはあるのだろうか/県立美術館にて」

岩手県立美術館で「アートフェスタいわて2023 ー岩手芸術祭受賞作品・推薦作家展+岩手県美術選奨受賞者作品展ー」を見てきました。

気になる作品がたくさんありました。
その中で1点、
浅倉伸さんの「滅びない・美術室(七十三)」を見ながら、考えたことがあります。

たぶんエッチング技法による版画。細かい線がたくさん彫り込まれている。

(終わりは、あるのだろうか…)

銅板を削って、削って、削って…これでいいと思う時は来るのだろうか、と、思ったのです。

そして、
作品をつくるイメージどおりとなった時、
事前のイメージを超えた作品となった時、
この環境(手法や大きさなど)でのベストとなった時…
など
「これでいい」にも種類があるだろうと気づいたのです。

私の「これでいい」は何だろうな…と、今、確認しています。

◆岩手のスポーツ支援募集情報

岩手アスリートや、岩手のスポーツ団体・スポーツチームが、ボランティアを募集していたり、クラウドファンディングやスポーツギフティングで支援を求めています。
スポーツを「支える」という視点で、支援をご検討ください。
詳細は↓
岩手のスポーツ支援募集情報